/

この記事は会員限定です

外相が東欧・英国訪問、連休中で調整 対中国念頭に協議 

[有料会員限定]

茂木敏充外相は4月下旬からの大型連休中に東欧各国と英国を訪問する方向で調整に入った。東欧ではスロベニアやボスニア・ヘルツェゴビナ、ポーランドを訪ねる。ポーランドでチェコ、スロバキア、ハンガリーを含む東欧4カ国(V4)の外相と会談する。

政府が与党に日程案を伝えた。中国は東欧を広域経済圏構想「一帯一路」の欧州の玄関口と位置づけ、影響力を拡大しようとしている。茂木氏は今回の訪問で安全保障や経済協力を巡...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り356文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン