/

この記事は会員限定です

ローカル線改革、国が関与へ 財政支援も検討

[有料会員限定]

国土交通省は14日、人口減少で経営環境の厳しい地方鉄道の改革案について検討を始めた。鉄道事業者と沿線地域の協議を後押しするとともに、バスへの転換などに向けた財政支援策を具体化する。地域の「移動の足」を確保するため国も関与を強める。

有識者会議の初会合を14日に開き、JR東日本など鉄道事業者から地方鉄道の現状などについて意見を聞いた。7月までに報告書をまとめる。

地方鉄道は人口減に加えて新型コロナ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り282文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン