/

この記事は会員限定です

太陽フレアで警報、自動運転・ドローン事故防止 総務省

[有料会員限定]

太陽の異常活動「太陽フレア」をめぐって、総務省は企業や行政向けの新たな警報を検討する。2022年度中の導入をめざす。世界で停電や通信障害など基幹インフラへの影響が出ているほか、自動運転車やドローンといった新しい技術への悪影響も指摘される。米欧や中国、ロシアなどが対策に乗り出しており、体制の整備を急ぐ。

太陽フレアは、太陽の表面の異常爆発で発生した放射線などが地球に届く現象を指し、停電や通信障害を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り842文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません