/

文通費日割り支給 改正案が衆院通過

衆院は14日の本会議で、文書通信交通滞在費(文通費)を日割りにし、名称を「調査研究広報滞在費」に改める国会法と歳費法の改正案を可決した。自民、公明、立憲民主各党などが賛成した。15日にも参院で可決、成立する見通しだ。

文通費は月のうち1日でも在職すれば100万円満額を支給する。使い道を公開する義務はない。2021年の衆院選で初当選した新人議員は10月の在職期間が1日にもかかわらず満額を受け取り、問題視された。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン