/

この記事は会員限定です

海外大への扉「国際バカロレア」、認定校目標を2度修正

グローバル教育と政治① 脱ガラパゴスに壁

[有料会員限定]

加藤勝信官房長官は6月末、海外の大学に入る資格を得られる教育プログラム「国際バカロレア」の認定校拡大に取り組む方針を表明した。2022年度に200校という目標は過去に2度修正した経緯がある。「ガラパゴス」と呼ばれる日本の内向きな教育を変えるために政治の本気度が問われる。

「国際バカロレアの認定校が伸び悩んでいるんだって?」

加藤氏の打ち出しに先立つ6月下旬、自民党の馳浩元文部科学相が文科省に問い合...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1614文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン