/

中小デジタル化補助、一時停止 不正受給疑いで

記者会見で「デジタル応援隊事業」の新規受付停止を表明する梶山経産相

梶山弘志経済産業相は14日の記者会見で、中小企業のデジタル化を支援する補助金の新規の受け付けを週内にも一時停止すると表明した。不正受給が起きた疑いの指摘を受け、調査を始める。再発防止策が固まるまで再開しない。

補助金は経産省の「中小企業デジタル化応援隊事業」。中小企業がテレワークやオンライン会議の導入などに向けてIT(情報技術)専門家の支援を受けた場合に、専門家に支払う謝礼の最大30万円を補助している。専門家の支援実態がないにもかかわらず謝金を受け取る組織的な不正があった疑いがある。経産省は補助金として2020年度第1次補正予算に100億円計上し、1万4000件を支援した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン