/

この記事は会員限定です

消費に弱さ、回復は緩やか 本社景気討論会

(更新) [有料会員限定]

日本経済新聞社と日本経済研究センターは20日、都内で景気討論会を開き、新型コロナウイルスの影響が続く日本と世界経済について議論した。国内の個人消費は回復が遅れ、正常化へ不安感の解消が必須だとの指摘が相次いだ。米国経済は好調が続くとの見方の一方、中国の不動産債務問題などに懸念が出た。

永島氏「第6波へ不安くすぶる」

――国内経済の回復をどうみるか。

助野氏 2020年度の可処分所得は特別定額給付金...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2033文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン