/

この記事は会員限定です

東芝「外資に翻弄されていいか疑問」 自民・甘利氏

(更新) [有料会員限定]

自民党の新国際秩序創造戦略本部の甘利明座長は14日、経営が迷走する東芝に企業統治(コーポレートガバナンス)能力の発揮を求めた。

英投資ファンドによる買収提案に関し「東芝の企業価値向上への意味が不明だ」と強調した。「重要な国防や原子力、量子分野を担っており、外資に翻弄されていいのか疑問だ」と指摘した。

日本経済新聞の取材に答えた。東芝には英投資ファンドのCVCキャピタル・パートナーズなどがTOB(株式公...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り524文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン