/

無効審判をウェブで、改正特許法成立

特許無効の請求に応じて特許庁が開く審判を、ウェブ会議システムで実施できるようにする改正特許法などが14日の参院本会議で可決、成立した。新型コロナウイルスの感染防止や行政手続きの利便性向上を目指す。

現行では、特許の無効審判や商標の取り消し審判などには当事者らが赴き、対面で口頭審理を行うと規定されている。今回の法改正により、審判長の判断でウェブ会議システムを使ったリモートでの審理が可能になる。〔時事〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン