/

ワクチン3回目や混合接種検討へ 厚労相表明

田村憲久厚生労働相は記者会見で今後のワクチン接種について協議を進める方針を示した(14日、厚労省)

田村憲久厚生労働相は14日の閣議後の記者会見で、新型コロナウイルスワクチンの3回目接種(ブースター接種)や、異なる種類のワクチンを打つ「異種混合接種」について17日の審議会で検討を始めると発表した。専門家の意見を踏まえ「結論はなるべく早く出していきたい」と語った。

専門家らで構成する同省の厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会を同日開く。ブースター接種に関しては米ファイザー社や米モデルナ社が実施している臨床試験の結果、混合接種では免疫効果などの研究結果などをそれぞれ踏まえて「しっかりと分析したい」と示した。

医療提供体制を巡っては都道府県向けの事務連絡で臨時の医療施設や入院待機施設を増強するとともに、医療従事者の協力を医療機関に求めるよう要請する考えを示した。足元の新規感染者数は減少傾向にあるが、冬場に向けて感染が再拡大する懸念があるとして「あらかじめできる限り準備しておくことは非常に重要だ」と強調した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン