/

この記事は会員限定です

次期戦闘機、英BAEシステムズと共同開発へ 政府調整

(更新) [有料会員限定]

政府が2035年に自衛隊への配備を目指す次期戦闘機を巡り、英航空・防衛大手のBAEシステムズとの共同開発を調整することが分かった。すでにエンジン部分は日英企業で共同研究が進んでおり、英企業との協力関係を深める。日英両政府は年末までに具体策を協議する。

次期戦闘機は日米が共同開発した航空自衛隊のF2戦闘機の後継にあたる。三菱重工業が開発主体になる。防衛省がこれまで共同開発相手の候補としてきた米防衛...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1175文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン