/

この記事は会員限定です

ネット通販、個人取引装う事業者に網 消費者保護へ指針

(更新) [有料会員限定]

政府は電子商取引(EC)サイトの出品者が販売事業者か個人かの線引きを明確にする指針を初めてまとめる。規制が少ない個人間取引の形をとるために個人出品者を装う例が相次ぐ。継続的に販売している出品者などは販売事業者と扱い、消費者保護の体制づくりの義務の対象にする。

2022年春までをメドに策定する。5月までに予定するインターネット通販に関する消費者保護法の施行にあわせて適用する。

個人を称していても明...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り893文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン