/

茂木氏、原発ゼロ非現実的 「民間労組も同じ思い」

(更新)

自民党の茂木敏充幹事長は14日、青森市で講演し、エネルギー政策を巡り原発ゼロを主張する野党を批判した。「ウクライナ情勢やエネルギーの安定供給が大きな課題になる中で、原発ゼロと繰り返す野党がいかに非現実的かは明らかだ」と述べた。

原発ゼロに否定的な電力総連などの民間労働組合を念頭に「民間労組の皆さんにも同じ思い、理解が深まっている」と強調。夏の参院選に向け、党の公約を6月にまとめるとした上で「自民、公明連立与党の強固な態勢をしっかり維持していく」と語った。

〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン