/

この記事は会員限定です

首相答弁が映す官僚劣化、旧統一教会巡り「朝令暮改」

政界Zoom

[有料会員限定]

国会での時の首相の発言は自らの政権基盤を強くも弱くもする。首相官邸の秘書官らが中心になって答弁をつくる手法は定着した。世界平和統一家庭連合(旧統一教会)への対応を巡り岸田文雄首相は今国会で異例の答弁修正をした。ほころびの源はどこにあるのか。

10月3日召集の今国会で首相は逆風にさらされ続けている。野党の追及を避けようとこの1カ月あまりで、山際大志郎経済財政・再生相、葉梨康弘法相の閣僚2人を事実上...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2450文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません