/

首脳会談前に擦り合わせ、日米高官が電話協議

北村氏(手前左)は14日の電話協議に先立ち米国でもサリバン氏(中央)と会談した(米国家安全保障会議のツイッターから)=共同

北村滋国家安全保障局長は14日、サリバン米大統領補佐官(国家安全保障担当)と電話で45分間協議した。16日の菅義偉首相とバイデン米大統領の会談を前に、中国や北朝鮮をめぐる直近の情勢について認識を擦り合わせたとみられる。

バイデン氏にとって初となる対面での首脳会談について、両氏は日米同盟の結束を対外的に示す機会にすることで一致した。

北村氏は2日にも米国でサリバン氏と会談した。その際には日米両国やオーストラリア、インドを加えた4カ国の枠組みでの協力などを確認していた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン