/

この記事は会員限定です

揺らぐ「かかりつけ医」 コロナが促す制度化論議

牛込俊介

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

「絶対に認めることはできない」。9月下旬、日本医師会の松本吉郎常任理事は都道府県ごとの医師会長が集まる会議で言い切った。

かかりつけ医を制度化し、役割や機能を明確にできないか。そんな議論が新型コロナウイルス禍を契機に浮上してきた。患者からみて、普段から通い慣れているという程度の曖昧な関係は頼りにならなかった。感染の疑いがある人を受け入れる発熱外来はどこにあるかさえ分からない場合があった。東京都は第...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り711文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ニュースの裏側や隠れた視点、次の展開を読む動きを紹介するコラムです。原則、週初に公開します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン