/

自衛官・警察官にワクチン接種 大規模会場予約67%空き

think!多様な観点からニュースを考える
大規模接種センターでの自衛官や警察官らへの接種が始まり、「危機管理要員専用」の列に並ぶ人たち(14日、東京・大手町)=共同

防衛省は14日、国が運営する新型コロナウイルスワクチンの大規模接種センターで自衛官や警察官らへの接種を始めると発表した。65歳以上の高齢者を対象にした予約に空きがあり、接種能力を有効活用する。災害などの危機対応に備え、関係する公務員への接種を進める。

緊急時の対処を担う自衛隊、警察、消防、海上保安庁の職員が対象になる。14日の午後から東京会場に1650人分ほど余裕があり、防衛省が関係省庁に接種する職員の選定を呼びかけている。

15日以降も予約に空きがある場合、災害対応の公務員に順次接種する。大阪会場は16日までは65歳以上の予約で埋まっている。17日以降、空きがあれば大阪でも始める。

自衛隊では関東地方の駐屯地や基地に勤務し、災害派遣に従事する可能性のある自衛官らを対象にする。

大規模接種センターは全国の65歳以上を対象に27日接種分までの予約を受け付けている。14日午前10時時点で15~27日分は東京会場で9万4千人、大阪会場で3万7千人の空きがある。合計で67%が埋まっていない。

大規模接種センターでの接種は14日から、全国が対象になった。13日までは首都圏と関西の7都府県に限定していた。予約枠が大量に残り、居住地域の制限を外した。

茨城県に住む男性(74)は14日午前、東京会場を訪れ、接種を終えた。持病があり、地元での接種を希望していたが、予約枠がすぐに埋まり、現在空いている枠は7月以降だけだった。

奈良市から都内に単身赴任中の男性会社員(65)は住民票のある奈良から接種券を家族に送ってもらい予約した。男性は「早くワクチンを打ちたかったので、予約できるようになってよかった。会場内はガラガラだった」と語った。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン