/

西村氏、酒取引停止「私の責任で決定」

酒提供店への対策強化策を巡り、衆院内閣委で答弁する西村経財相(14日午前)

西村康稔経済財政・再生相は14日午前の衆院内閣委員会で、酒類販売事業者に対する酒の提供を続ける飲食店との取引停止依頼の撤回について陳謝した。「具体的な要請の内容は私の責任で、新型コロナウイルス感染症対策推進室が関係省庁と調整し決定した」と語った。

辞任する意向があるかと聞かれ「感染をなんとしても抑えることに全力をあげることで責任を果たしたい」と否定した。

緊急事態宣言下では酒類提供店に休業を要請している。要請に応じない店への対策を巡っては、金融機関から順守の働きかけを求める措置を9日に中止した。

西村氏は一連の対策を巡り、事務方から菅義偉首相と関係閣僚の協議で事前説明があったと言及した。「閣僚間で具体的な要請内容について議論はなかった」と弁明した。

発案者が誰かとの質問には「様々な議論をする中でいろんな提案がなされ、整理し実行しようと調整がなされた」と述べるにとどめた。

政治・外交 最新情報はこちら

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン