/

海部俊樹元首相が死去 91歳、自衛隊初の海外本格派遣

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える

海部俊樹元首相が9日午前4時、老衰のため都内で死去した。91歳だった。1989年8月に首相に就任し、2年3カ月ほど在任した。愛知県出身。葬儀は近親者で行われた。

参院選に大敗した宇野宗佑元首相が退陣した後を受け、第76代首相になった。昭和生まれで初の首相だった。小派閥の三木派、河本派(その後に山東派を経て現・麻生派に合流)に属した。

イラク軍のクウェート侵攻による91年の湾岸戦争を巡り、多国籍軍の戦費負担として総額130億ドルの拠出を決めた。

停戦後にペルシャ湾に機雷を除去する海上自衛隊の掃海艇を送った。自衛隊初の本格的な海外任務だった。この教訓が国連平和維持活動(PKO)参加につながった。

内政では政治改革を掲げた。小選挙区制の導入を柱とする関連法案は自民党内をまとめられず廃案になった。

海部氏は衆院解散の構えをみせたが竹下派(現・茂木派)の支持を得られず、91年10月に退陣表明に追い込まれた。

60年に衆院旧愛知3区から初当選し、衆院議員を16期49年にわたり務めた。三木内閣の官房副長官、福田赳夫、中曽根両内閣の文相などを歴任した。

羽田内閣の総辞職に伴う94年の首相指名選挙で与党だった非自民系に擁立された。決選投票で自民、社会、新党さきがけの3党が担いだ社会党の村山富市委員長に敗れた。同年に結党した新進党の初代党首に就いた。

2003年の自民党復党後、09年の衆院選で落選して政界を引退した。11年に桐花大綬章を受章した。

松野博一官房長官は14日の閣議後の記者会見で「湾岸戦争勃発など激動する国際情勢の中で多くの政策課題に力を尽くして取り組まれた」と強調した。「国民の皆様とともに心から哀悼の意を表し謹んでご冥福をお祈り申し上げる」と語った。

立憲民主党の小沢一郎氏はツイッターで「常に国民を第一に思いやる温かい心を持った偉大な政治家だった」とのコメントを発表した。

Twitterで最新情報を発信
政治・外交 最新情報はこちら
  • 著者 : 日本経済新聞社政治・外交グループ編
  • 出版 : 日経BP
  • 価格 : 2,640円(税込み)

この書籍を購入する(ヘルプ): Amazon

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
投稿チェック項目URLを投稿文中に入力する場合は、URLの末尾にスペースか改行を入れてください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン