/

この記事は会員限定です

「強要なら対立先鋭化」 COP26合意、私はこう見る

[有料会員限定]

英北部グラスゴーで開いていた第26回国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP26)は13日(日本時間14日朝)、石炭火力の利用を「段階的に削減」するとの合意文書をまとめて閉幕した。産業革命前からの気温上昇は1.5度以内に抑える「努力を追求する」ことを確認した。識者3人に今回の会議の評価を聞いた。

「日本の影響力低下」 大林ミカ・自然エネルギー財団事業局長

合意文書で石炭火力の「廃止」は「削減」に修...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1251文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン