/

ワクチン購入に予備費5120億円 政府が支出決定

政府は14日の閣議で新型コロナウイルスのワクチンの購入費用として、2021年度予算の予備費から5120億円を支出すると決めた。予算を積み増して必要なワクチンを確保する。

田村憲久厚生労働相は閣議後の記者会見で、ワクチン2億5千万回分の購入に充てると明らかにした。メーカーごとの内訳はファイザーが5千万回、モデルナ5千万回、ノババックス1億5千万回になる。

政府は21年度予算で新型コロナ対策のために5兆円の予備費を計上した。支出を決めたのは今回で2回目。残りの予備費は3兆9880億円になる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン