/

この記事は会員限定です

2.7兆円補正予算案、全額赤字国債で 政府が17日に決定

[有料会員限定]

政府はウクライナ危機などを受けた物価高対策の裏付けとなる2022年度補正予算案について、歳出2.7兆円の全額を赤字国債の発行でまかなう方針を固めた。対策の第1弾として4月末に先行支出した予備費1.5兆円の穴埋めや、ガソリン補助金の延長・拡充の1.2兆円の経費に充てる。17日に決定し、今国会での成立を目指す。

一般会計総額が107.5兆円と過去最高となった22年度当初予算では、36.9兆円の新規国...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り225文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン