/

補正予算編成「衆院選後に」 自民・甘利氏

甘利税調会長

自民党の甘利明税制調査会長は秋までの次期衆院選の後に2021年度補正予算案を編成し、成立させるべきだとの考えを示した。13日のBSフジ番組で「補正を具体的に組むのは選挙の後だ。粗々のメニューだけ示して戦った後、形にするのが一番スムーズなやり方だ」と述べた。

国内の半導体産業の支援策を盛るよう訴えた。6月18日に閣議決定した経済財政運営と改革の基本方針(骨太の方針)で重点を置いたデジタルやグリーン分野にも配分すべきだとの認識を表明した。

補正予算案は新型コロナウイルス対策などが柱になる見込み。

政治・外交 最新情報はこちら

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン