/

電気代軽減策「電力会社にお金投入せず」 岸田文雄首相

岸田文雄首相は13日のBSフジ番組で、電気代の上昇を受けた政府による負担軽減策について「電力会社にお金を投入するのではない」と述べた。「いまの電力料金の請求システムを使って、請求書を見たときに一人ひとりが電力料金が下がったかよくわかる形」にすると説明した。

政府は月内にまとめる総合経済対策に新たな支援策を盛り込む。首相は「国民の手元に届き、実感してもらえる電力料金の引き下げをやっていく」と主張した。具体的な制度設計は「全体のしくみを与党ともいま詰めつつある状況だ」と述べた。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません