/

新資本主義の取り組みアピール 首相、国際会議で演説へ

政府は13日、岸田文雄首相がスイスのシンクタンク、世界経済フォーラム(WEF)が主催するオンライン会議「ダボス・アジェンダ」で18日に演説すると発表した。関係者によると、成長と分配を好循環させる「新しい資本主義」への日本の取り組みをアピールする。

新型コロナウイルス禍で揺れる世界経済の変革に向けた議論をけん引したい考えだ。

首相はこれまで新自由主義的な考え方が市場への過度な依存を招き、格差や貧困を拡大させ、気候変動問題も深刻化させたと主張。今回の会合で、こうした問題意識に基づき「経済社会の大変革」の必要性を訴え、世界の政財界のリーダーと認識を共有する場と位置付ける。

具体的には気候変動やデジタル、経済安全保障分野を「成長のエンジン」に転換すると同時に、賃上げなど「人への投資」を図る岸田政権の取り組みの紹介を想定。新しい資本主義の実行計画を今春にも取りまとめ、世界の議論を先導する方針も表明するとみられる。

WEFは新型コロナの感染拡大を理由に、1月17~21日に予定した年次総会(ダボス会議)を今夏に延期。代わりに同じ日程でオンライン会議を開く方向となった。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン