/

首相、復帰50年の沖縄を訪問 平和祈念公園で献花

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える

岸田文雄首相は14日、沖縄の日本復帰50年に合わせ、首相就任後初めて沖縄県を訪れた。平和祈念公園(糸満市)で国立沖縄戦没者墓苑に献花した。沖縄戦で動員された全学徒隊の隊名などを刻んだ「全学徒隊の碑」にも足を運んだ。

14日は2019年に火災があった首里城(那覇市)の復元状況を確認し、観光関連の事業者と車座で懇談する。米軍普天間基地(宜野湾市)や沖縄科学技術大学院大学も視察する。

15日は宜野湾市で政府と沖縄県が共同で開く「沖縄復帰50周年記念式典」に出席し、式辞を述べる。

首相は10日、沖縄訪問に先立ち沖縄県の玉城デニー知事と会談した。普天間基地の名護市辺野古への移設断念や日米地位協定の見直しを求めた建議書を受け取った。首相は「米軍基地の負担軽減に引き続き努力していきたい」と述べた。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
投稿チェック項目URLを投稿文中に入力する場合は、URLの末尾にスペースか改行を入れてください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

沖縄復帰50年

1972年の沖縄の本土復帰から半世紀。基地問題や観光振興など、これまでの歩みと未来への取り組みを伝えます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン