/

この記事は会員限定です

世界景気「接種加速で回復」不透明に 成長率下振れも

(更新) [有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

新型コロナウイルス危機からの回復シナリオが揺らいできた。感染力の強いインド型(デルタ型)の流行で7~9月期以降の成長率は下振れするとの見方が強まっている。世界の景況感も頭打ちとなっており、景気の持ち直しで先行した米欧も楽観論は後退しつつある。医療体制の再構築など政策の総動員で経済のウイルス耐性を高める必要がある。

内閣府が16日発表した日本の4~6月期の実質国内総生産(GDP)は前期比の年率換算で...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り974文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン