/

国家安保戦略改定へ議論 岸田政権で初のNSC

政府は13日、岸田政権で初めて国家安全保障会議(NSC)を開催した。外交・防衛の基本方針である「国家安全保障戦略」の改定について議論した。岸田文雄首相が所信表明演説で改定を表明していた。2013年に策定して以来初の見直しとなる。

首相、官房長官、外相、防衛相がメンバーのNSC4大臣会合に、鈴木俊一財務相、小林鷹之経済安全保障相が加わった。国家安保戦略の改定では経済安全保障の明記が焦点になる。防衛大綱、防衛費の見積もりなどを決める中期防衛力整備計画(中期防)に関しても協議した。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

岸田新政権

岸田文雄政権の最新ニュースをご覧いただけます。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン