/

ミャンマーに追加支援 外相発表、食料など6億2千万円

抗議活動をする人々(11日、ヤンゴン)=AP

茂木敏充外相は13日の記者会見で、2月のクーデター以降、食料や生活物資が不足しているミャンマーを支援するため、580万ドル(6億2640万円程度)の緊急無償資金協力を実施すると発表した。国連児童基金(ユニセフ)などの国際機関を通じ、タイ国境に近い南東部を対象に支援する。

茂木氏は会見で「日本政府として引き続きミャンマーの人々に寄り添った支援を行っていきたい」と述べた。

政府はクーデター以降、最大都市ヤンゴンの貧困層を対象に世界食糧計画(WFP)を通じて4億3千万円ほどの緊急無償資金協力を実施するなど、今回を含めて計約23億円の人道支援を表明している。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン