/

この記事は会員限定です

議席数、政権基盤を左右 首相「与党過半数」 

自公44議席減でも絶対安定多数 野党は政権交代めざす

(更新) [有料会員限定]

与野党は14日、衆院解散を受け事実上の選挙戦に入った。自民、公明両党は同日時点で合計305議席あった。両党で過半数の233を確保した上で、予算や法律を円滑に成立させるのに必要な安定多数(244)や絶対安定多数(261)を狙う。野党は政権交代を訴える。

岸田文雄首相(自民党総裁)は14日、衆院解散後の記者会見で「与党で過半数が勝敗ラインだ」と話した。

自民党の議席は14日時点で276、公明党は29だ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1070文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン