/

安倍元首相「米国は台湾防衛の姿勢を明確に」

自民党の安倍晋三元首相が12日付の米紙ロサンゼルス・タイムズで、ウクライナ情勢や台湾問題に関する論文を発表した。米国は中国が台湾を侵攻した際は防衛する姿勢を明確にすべきだと主張した。

ロシアに侵攻されたウクライナと中国の脅威が迫る台湾は同盟国を持たないなど類似点があると指摘した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン