/

この記事は会員限定です

水素製造時の温暖化ガス排出量を算定 JOGMECが指針案

[有料会員限定]

石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)は天然ガスから液化天然ガス(LNG)や水素といった燃料をつくる際の温暖化ガス排出量を算定する指針案をとりまとめた。水素やアンモニアを購入する企業は環境負荷が明確になったエネルギー源を選べるようになる。

JOGMECは近く指針案を公表し、国民の意見を募ったうえで春ごろをめどに策定する。新指針をもとに国内事業者に算定を促し、国際的な統一ルールづくりにも資...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り863文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン