/

この記事は会員限定です

自民「政権選択焦点」、立民「政治を変える」 臨戦態勢

[有料会員限定]

14日午後の衆院解散を受け、与野党は次期衆院選へ臨戦態勢に入った。岸田文雄首相(自民党総裁)は与党で過半数を獲得し、国民の信任を背景に安定した政権運営を目指す。野党第1党の立憲民主党などは政権交代を訴える。

次期衆院選は4日に就任した首相にとって初めての大型の国政選挙となる。首相は「国民の信任を得て、総合的で大胆な経済対策を速やかに、思い切って実施する」と説明してきた。勝敗ラインに関しては「与党で...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り674文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン