/

巡航ミサイルで認識共有 日韓協議、北朝鮮対応

日韓両政府は13日、東京都内で北朝鮮担当高官による協議を開き、北朝鮮による新型長距離巡航ミサイル発射報道を巡り認識の共有を図った。韓国の魯圭悳・朝鮮半島平和交渉本部長が協議終了後、記者団に明らかにした。

協議では、北朝鮮に対する人道面での協力も議題に取り上げられた。魯氏は「(日韓の)互いの立場に対する理解が深まった」と述べた。

日本側からは外務省の船越健裕アジア大洋州局長が出席した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン