/

処理水の海洋放出とは タンク、22年秋ごろ満杯に

きょうのことば

処理水の海洋放出 東京電力福島第1原子力発電所で発生した汚染水を浄化した処理水を、さらに薄めて海に放出する処分方法。汚染水は原子炉内に残された溶融燃料(デブリ)を冷やし続けるための水などが高濃度の放射性物質に汚染されて大量に発生している。東電は専用装置を使い汚染水からセシウムなどの放射性物質を取り除いた処理水を原発の敷地内のタンクにためている。22年秋ごろにはタンクが満杯になるとされる。

処理水には専用装置でも取り除けない放射性物質のトリチウム(三重水素)が含まれる。放出前に海水で100倍以上に薄めて、国の基準値の40分の1程度、世界保健機関(WHO)が定める飲料水の水質ガイドラインの7分の1程度にトリチウムの濃度を下げる。放出後、政府と東電は漁場や海水浴場などで海水中のトリチウムのモニタリング(監視)を強化し、環境への影響を監視する。

処理方法を巡っては、経済産業省の有識者会議が13年から深い地層へ注入する案や、大気への放出案など5つの方法を技術的に検討。16年に海洋放出が最も安く、短期間で処分できるとの報告書をまとめた。政府は20年秋に海洋放出の方針を決めようと試みたが、風評被害を懸念する全国漁業協同組合連合会などから理解を得られず先送りしていた。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン