/

維新・馬場伸幸代表「次期衆院選で他党と協力はない」

日本維新の会の馬場伸幸代表は13日収録のBSテレ東「NIKKEI 日曜サロン」で、次期衆院選に関して「他党と選挙協力をすることはあり得ない」と強調した。

今国会での立憲民主党との共闘について「大きな力で自民党に喝を入れないと、国民が望む政策が実現しない」と説明した。2023年召集の通常国会でも立民と連携するかを問われ「政策限定の共闘をする可能性はゼロではない」と語った。

23年春に見込まれる統一地方選を巡り、目標とする600議席に届かなければ党代表を辞任する考えを改めて示した。「(目標を)達成できなければ、新しい道を新しい人につくってもらう」と述べた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません