/

この記事は会員限定です

処理水放出、放射線量を国際基準以下に 説明不足で迷走

(更新) [有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

政府は13日、東京電力福島第1原子力発電所の敷地内にたまり続ける処理水を海に放出する方針を決めた。科学的に安全と分析される処理水の海洋放出だが、東電や政府の説明不足が響き、決定までに原発事故から10年間かかった。地元の風評被害への懸念や韓国など近隣国からの反発はなお根強い。

処理水は放射性物質のトリチウム(三重水素)を含む。政府はその濃度を国際基準以下に薄めて流すため、問題はないと説明する。海水で...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1249文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン