/

「生物多様性を回復させる」 COP閣僚宣言

中国・昆明でオンライン形式を併用して開催中の国連生物多様性条約第15回締約国会議(COP15)は13日、閣僚級会合で「少なくとも2030年までに生物多様性の損失を逆転させ回復させる」とする「昆明宣言」を採択した。22年春の対面交渉で、30年までに各国が陸域と海域の30%を生物保護区にするといった新たな世界目標の合意をめざす。

生物多様性の損失は世界的な課題で、すでに農業や水産業の収量が減るといった影響が出ている。宣言は、生物の減少や絶滅を防止するために「各国政府間で協力し、政策や規制、会計制度に生物多様性の観点を盛り込むことを推進する」と強調した。「保護地域の拡大による生態系保全の強化」も訴えた。

中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席は12日の首脳級会合で、途上国の生物多様性保護を支援するために15億元(約260億円)を投じて「昆明生物多様性基金」を創設する方針を表明した。同日の閣僚級会合では山口壮環境相も途上国支援に10億円を追加出資すると説明した。

COP15は20年に中国で開催予定だった。新型コロナウイルス感染症の影響で延期し、21年10月のオンラインと22年4~5月の対面形式の2部構成となった。第1部は15日に閉幕する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン