/

「靴を減らして歩け」林幹雄・自民党元幹事長代理

総理番が選ぶ「きょうの一言」(10月13日)

「『10増10減』が今国会で決まるだろう。二階(俊博)会長が常に言っているが、選挙に勝つことが使命であり、いのちだ。その意味でもまず『足で靴を減らして歩け』というのがスタートの言葉だ」(2022年10月13日、都内での二階派総会で)

自民党の林幹雄元幹事長代理は衆院小選挙区の定数を10増10減する選挙制度改革に触れて選挙準備の重要性を説いた。林氏は二階派の会長代行を務める。靴底をすり減らすほど選挙区内を歩き回るよう同派の所属議員に促した。

10増10減は今国会で関連法案が成立すれば次期衆院選から適用される可能性がある。都市部で選挙区が増え、地方部で減る仕組みで289小選挙区中、140で区割りが変わる。多くの議員が選挙に向けた戦略を見直し、選挙区を変える議員も出てくる。

二階派は43人が加入する第4派閥だ。二階氏が幹事長を務めた安倍、菅政権とは違い、いまの岸田政権では「非主流派」と呼ばれる。いかに盛り返すかの第一歩は歩くこと。区割り変更を見越していち早くスタートを切るよう訴えた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません