/

この記事は会員限定です

電力大手カルテル疑い 自由化、シェア低下に焦り

(更新) [有料会員限定]

公正取引委員会は13日、関西電力中部電力中国電力など計4社を独占禁止法違反(不当な取引制限)の疑いで立ち入り検査した。工場やオフィスビルなど企業向けの電力販売で、互いに顧客の奪い合いを制限するカルテルを結んだ疑いが強まったためだ。電力自由化で地域を越えた競争が進んでシェアが低下するなか、互いに越境を控える「不可侵条約」で既得権益を守ろうとしたとみている。

自由化された電力のカルテル疑惑を巡り、公取委が調査に乗り出すの...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1500文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン