/

この記事は会員限定です

看板政策担う「首相の黒子」 党との調整奔走 木原誠二

キーパーソンの冬

[有料会員限定]

衆院選さなかの2021年10月26日、東京都東村山市。「私が最も信頼する木原さんをぜひ勝ち抜かせてほしい」。マイクを握る首相の岸田文雄(64)は傍らにいた官房副長官、木原誠二(51)に最大限の賛辞を送り聴衆に投票を呼びかけた。

岸田は自身が外相時代に副大臣や政務官、政調会長の時は事務局長として仕えた木原を「かけがえのない存在」と語る。

財政支出が過去最大の経済対策を決めた21年11月19日夜、就...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1579文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

岸田政権

岸田文雄政権の最新ニュースをご覧いただけます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン