/

この記事は会員限定です

ワクチン再配分 政府方針に自治体不満も

(更新) [有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

政府による新型コロナウイルスワクチンの供給計画を巡り、自治体の間で困惑が広がっている。政府はこれまでの接種実績に基づき大阪市など「在庫」を多く抱える自治体への供給を削減する方針だが、自治体からは「実態を反映していない」として不満の声が上がる。1日120万回の接種ペースの維持に水を差しかねない。

河野太郎規制改革相は13日の記者会見で、8月2日から2週間で配分する米ファイザー製ワクチンについて修正し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1261文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン