/

「倍増、強い意志示すため多用」 岸田文雄首相

総理番が選ぶ「きょうの一言」(5月13日)

「強い意志を示すことは大事だ。表現の仕方として倍増という言葉を多用していると認識している」(2022年5月13日、衆院内閣委員会で)

岸田文雄首相はこれまでの政策を巡る自身の発言について説明した。21年9月の自民党総裁選で「令和版所得倍増」を打ち出した。22年1月の国会答弁では子ども関連予算の倍増を掲げ、5月には英ロンドンの金融街シティーでの講演で「資産所得倍増」を唱えた。

立憲民主党の泉健太代表は衆院内閣委でそれぞれの「倍増」をいつ実現するのか質問した。首相は「期限を区切ってはいない。(政策を)一つひとつ積み上げることで大きな方向性を実現すべく努力を続けたい」と答えた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン