/

65歳以上の大規模接種、17日から予約 ネットとLINEで

東京・大阪

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える
千葉市の体育館でコロナワクチンの集団接種が始まった

防衛省は東京都と大阪府で開設する新型コロナウイルスワクチンの大規模接種会場の概要をまとめた。東京、千葉、埼玉、神奈川、大阪、京都、兵庫の7都府県に住む65歳以上の人が対象。接種の予約は電話ではなくネットと対話アプリ「LINE」から申し込む。

東京23区と大阪市内の居住者は17日から予約を受け付ける。申込みは居住地によって段階的に広げていく。24日からは東京都内と大阪府内、31日からは7都府県すべての居住者が予約をできる。

予約が集中する事態を想定し電話では対応しない。防衛省のホームページに設ける専用コーナーかLINEを通じて手続きする。LINEでどう予約するかなど詳細はまだ公表していない。

予約をするには市区町村から送付された接種券が必要になる。これまで地方自治体の接種を受けたことがない人が対象で、既に1回目の接種をした人は受けられない。

大規模接種会場での接種は24日から3カ月程度とする予定だ。会場は東京が千代田区の大手町合同庁舎3号館、大阪が大阪市北区の府立国際会議場で、いずれも午前8時から午後8時まで。

東京、大阪の各会場で1回目の接種を受けた人は、7月31日までに同じ会場で2回目の接種を優先的に予約できるようにする。

河野太郎規制改革相は13日の参院内閣委員会で、東京、大阪両会場で米モデルナ製のワクチンを使うと説明した。自治体による接種では米ファイザー製を使っているが、2種を同会場で使うと混乱する恐れがあるため。

大規模接種会場は自衛隊に所属する医師と看護師が中心になって接種業務にあたる。自衛隊の医官と看護官、民間看護師をあわせて東京は合計約290人、大阪は同約190人を配置する。1日の接種能力は東京が約1万人、大阪が約5000人と見込んでいる。

高齢者が多く集まるため、東京会場ではトイレのバリアフリー化などの改修もして接種に備える。

新型コロナ特集ページへ

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン