/

韓国高官と会談報道 首相、発言控える

(更新)

韓国の聯合ニュースは13日、日本を訪問した韓国の朴智元(パク・チウォン)国家情報院長が12日に菅義偉首相と面会したと報じた。朴氏は日韓関係の改善が必要だとの考えを示し、首相も共感を示したと外交筋の話として伝えた。

首相は13日、首相官邸で記者団に「昨日お会いしたかどうかも含めて控えたい」と説明した。「日米韓の情報関係者のみなさんが緊密に連携することは大変重要だ」とも話した。

首相に先立ち加藤勝信官房長官は、同日の記者会見で「情報部門の活動という性格上、具体的な活動内容に関してコメントは差し控える」と述べるにとどめた。「海外情報機関と様々なレベルで意見交換など協力をしている」と語った。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン