/

この記事は会員限定です

クレジットカード不正利用を早期捜査 被害内容の共有で

経産省と警察庁が連携

(更新) [有料会員限定]

経済産業省と警察庁サイバー警察局が連携し、クレジットカードの不正利用防止に乗り出す。警察への被害届の有無にかかわらず、経産省は情報漏洩など企業からの被害報告の内容を警察庁と共有する。経産省からの情報提供をもとに早期の捜査につなげ、不正利用の拡大を食い止める。

政府は2025年6月までにキャッシュレス決済の普及率を、現在の30%から40%に引き上げる目標をかかげる。21年時点でキャッシュレス決済の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り910文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン