/

この記事は会員限定です

失業手当の受け取り延長、7月から 起業後の安全網拡充

[有料会員限定]

厚生労働省は13日、労働政策審議会(厚労相の諮問機関)の部会で、通常国会に提出する雇用保険法などの改正案の要綱を示した。会社勤めだった人が起業する場合、失業手当を受け取れる期間を最大4年にする特例を2022年7月に始める。インターネットを介し求人情報を提供する求人サイトの届け出制は10月に導入する。

雇用保険部会と労働力需給制度部会でそれぞれ了承された。厚労省は雇用保険法や職業安定法、職業能力開...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り229文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン