/

日米韓首脳会談「環境にない」 首相、元徴用工など挙げ

【コーンウォール(英南西部)=三木理恵子】菅義偉首相は13日(日本時間14日未明)、同行記者団との懇談で日米韓首脳会談の開催に慎重な考えを示した。韓国を念頭に「国と国との約束が守られない状況でその環境にはない」と語った。元徴用工や元慰安婦の問題が解決されていないと指摘した。

首相は両問題について「韓国側の動きで日韓問題が厳しくなっている。韓国が方向性を示すべきだ」と強調した。日韓首脳会談の開催に関しても「文在寅(ムン・ジェイン)大統領が指導力を発揮し、問題をしっかり整理してほしい」と求めた。

首相は12日、主要7カ国首脳会議(G7サミット)の会場で文氏とあいさつを交わした。首相は「あいさつに来られて私も失礼のないようにあいさつした」と述べた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン