/

首相、靖国神社に玉串料奉納 参拝見送り

(更新)
靖国神社の境内

菅義偉首相(自民党総裁)は15日、東京・九段北の靖国神社に玉串料を私費で奉納した。同日中の参拝は見送った。現職の首相が終戦の日に玉串料を奉納するのは2013年当時の安倍晋三首相から9年連続となった。

首相は20年9月の就任以来、靖国神社を参拝していない。前首相の安倍氏は在任中の13年12月に参拝した。中国や韓国が反発し、当時の米政府も「失望」を表明した。その後は退任まで参拝しなかった。

政治・外交 最新情報はこちら

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン