/

入国管理アプリ、仕様を簡素化 五輪海外客見送りで

(更新)

平井卓也デジタル改革相は13日の記者会見で、今夏の東京五輪・パラリンピックで導入する入国管理アプリの仕様を今週にも決めると発表した。海外からの一般観客の受け入れを見送るため、仕様や運用方針を見直して予算を圧縮する。

 国立競技場近くに設置されている五輪マークのモニュメント=6日午前、東京都新宿区

平井氏は「どのような機能を外すかを今週にでも決め、それに基づいて契約変更する」と語った。五輪後の訪日外国人(インバウンド)対策や税関手続きの簡素化にもつながるシステム開発だと説明した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン